火難除・子授安産・縁結び・病気平癒・厄除開運
 
   TOP >御由緒

《御由緒》

由岐大明神は御所にお祀りされておりましたが、天慶元年に都の大地震、天慶2年には平将門の乱(天慶の乱)と相次ぐ世情不安に、
当時の朱雀天皇の詔により天慶3年(940年)の9月9日御所の北方にあたる鞍馬に地に天下泰平と万民幸福を祈念し御遷宮されたの
であります。御遷宮の時、京の鴨川に生えていた葦で松明を造り道々には篝火を焚き神道具を先頭に行列の長さ10町(1Km)という
国家的一大儀式により御勧請されたのであります。鞍馬の住民はこれに感激し、この儀式と由岐大明神の霊験を後生に伝え守ってき
たのが火祭の起源であります。その後豊臣秀吉の信仰もあつく、慶長12年には豊臣秀頼によってご本殿と拝殿を再建いたし特にこの
拝殿は中央に通路をとった割拝殿という珍しい拝殿で桃山時代の代表的建造物でもあり現在は国の重要文化財にも指定されております。

《御祭神》

大己貴命(おおなむちのみこと)

少彦名命(すくなひこなのみこと)

相殿 八所大明神(はっしょだいみょうじん) 
御祭神は国を治め、人民の生活の道を教えになり、特に医薬の道をお授けになった医薬の祖神であります。
二柱神共に、天上神である皇孫に国土の統治権を献上された(国譲り)の大業を成し遂げられたことから事業の守護神と仰ぎ、
苦境に至ったとき、勇気と進取神助を授け給い、または国土経営の神であるところから、会社経営の隆昌を祈念し衣・食・住の
守護、諸災解除、病気平癒、厄除け、交通安全、縁結び、子授け、安産特に火難除けの神としての御神徳は、広大無辺、事物
の根元を明らかにし、清・明・正・誠心のもとに祈念すれば霊験神助を授かる信仰は今も昔も同じであります。
 


Copyright(C) 2012 Yukijinjya All Rights Reserved
当ホームページに掲載しております画像及び文章の無断転載はご遠慮ください。